2014年03月17日

この記事をはてなブックマークに登録【ホンダ】 CB1300シリーズをモデルチェンジ

ホンダは、CB1300シリーズをも伝チェンジし、3月20日(木)に発売する。
5速から6速となったミッションのほか、
FIのセッティング変更や新形状の小型マフラーが装着された。
また、CB1300 SUPER BOL D’ORには、LEDヘッドライトが採用されている。
なお、ETC車載器とグリップヒーターを標準装備した「E Package」は
、5月23日(金)に発売となる。

20140314_news_h1301.jpg

20140314_news_h1302.jpg

20140314_news_h1303.jpg

CB1300 SUPER FOUR

Hondaは、力強い出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒1300ccエンジンを
搭載したロードスポーツモデル「CB1300 SUPER FOUR」と「CB1300 SUPER BOL D’OR」の
各部の熟成を図り、それぞれ3月20日(木)に発売します。
また、両モデルにETC車載器と、グリップヒーターおよび専用インジケーターランプを標準装備した「CB1300 SUPER FOUR E Package」※1と「CB1300 SUPER BOL D’OR E Package」※1をタイプ設定し
それぞれ5月23日(金)に発売します。

今回のモデルチェンジにあたって、開発コンセプトを「
“威風堂々”感動のCBフラッグシップスポーツ」と定め、
以下の5つの感動につながる性能のさらなる向上を目指し、さまざまな変更を行っています。

1.所有する感動  迫力ある車格と伝統が息づく大人のCBスタイリング
2.またがった瞬間の感動  堂々としていて自由度の高いライディングポジションと良好な足着き性
3.太い走りの感動  大排気量車の余裕にあふれる走りと直列4気筒らしい吹け上がり
4.操る感動  迫力ある車格を軽快にコントロールできるハンドリング
5.余裕がもたらす感動  市街地からロングツーリングまで気負わずに走行できる懐の深さ

エンジンは、長距離クルージングの快適性を向上させるために、
トランスミッションを従来モデルの5速から6速に変更。
さらに、低回転域で力強く、高回転域では直列4気筒の心地よく吹け上がる特性を追求し、
電子制御燃料噴射装置(PGM-FI※2)のセッティング変更や、
新形状で排気効率の高い小型マフラーを採用しています。

車体は、迫力ある車格でありながらも、
市街地からワインディング走行までの幅広いシチュエーションでの扱いやすさを追求。
ロングツーリングの使い勝手に対応できるよう、
新たに純正アクセサリーに設定したリアキャリアとトップボックスのほか、
パニアケースの装着に対応するために、
シートレール部の補強やフレーム各部の剛性バランスの見直しを行っています。
なお、両モデルともにABS(アンチロック・ブレーキシステム)を標準装備しています。

スタイリングでは、CB1300 SUPER BOL D’ORに新たにLEDヘッドライトを採用。
新デザインのフロントカウルによって、独創的かつ存在感の高いフロントビューとしています。
また、両モデルにスリムな小型マフラーを採用するなど、さらに精悍なイメージとしています。






posted by はまはま at 23:55 | Comment(0) | ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

【ホンダ】 CB1300シリーズをモデルチェンジ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。